プライベートジムのススメ

 筋トレを始めて 1 年半になる.週刊金融日記で筋トレの記事が続き,自分の中でモチベーションが徐々に高まっていた.きっかけは 2 年前に妻の実家で飼っていた犬を引き取ったことだった.毎日朝夕の散歩が日課になり,運動の気持ちよさが少しずつ体感できるようになっていた.半年後に転職し,個室が充てがわれたこともあって 5 月頃から室内で自重の腕立て伏せ,スクワット,腹筋をするようになった.

 新しい職場にはなぜかトレーニングマシンが大量にあった.チェストプレス,ローイング,レッグプレス,ヒップアダプション,ヒップアブダクション,レッグカール,レッグレイズ,腹筋.6 月頃からそちらでトレーニングするようになった.最初の負荷はチェストプレス 50 kg, レッグプレス 120 kg からだったと思う.フォームも何もあったものではなく,とにかく 10 回 3 セット挙げることが精一杯だった.

“プライベートジムのススメ” の続きを読む

Interstellar

 Interstellar を観た.一言で言うと,『上質のSF』である.

 滅亡に瀕した地球を救うため,土星軌道に出現したワームホールを抜けて外銀河に旅立つ宇宙飛行士の物語,と書いてしまえばつまらない.先に旅立った 12 名の宇宙飛行士のうち,生存可能性のあるのは 3 名.その 3 名のうち,誰を最初に救出するか.時間と,物資は有限である.クルーの協議にも葛藤がにじみ出ている.

 最初に着陸した星でクルーの 1 名を失う.地球時間での 23 年を費やし,軌道に戻った彼らは次の星に向かう.星間通信の場面で成長した娘の姿に主人公が咽び泣くシーンは印象的だ.

 2 番目の星で冷凍カプセルから蘇生した科学者の裏切りにも強い説得力があり,極限状況に置かれた人がどんな行動に出るか,あらかじめ想定しておかなくてはならないと感じた.2 番目の星でまた 1 名のクルーを失う.裏切った科学者もまた宇宙の藻屑と消える.

“Interstellar” の続きを読む

iROBOT

 Amazon Prime で表題の映画を観た.AI 絡みの映画で自分の基準に達したため,ブログで紹介する.

 アイザック・アシモフのロボット三原則に基づき,近未来に何が起こりうるかを叙述したものである.日本語のタイトルはアシモフの『われはロボット』にかけてあるのだろう.

  1. ロボットは人間に危害を加えてはならない.また,その危険を看過することによって,人間に危害を及ぼしてはならない.
  2. ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない.ただし,あたえられた命令が,第一条に反する場合は,この限りでない.
  3. ロボットは,前掲第一条および第二条に反するおそれのないかぎり,自己をまもらなければならない.

“iROBOT” の続きを読む

巨木のミニチュアを作る

 子供は今夏休みだ.夏休みといえば宿題,工作,図画.工作,図画についてはいつの間にか親がすることになってしまっている.そう,今は子供の工作に取り組んでいる.

 詳細は伏せるが,その工作に関連して初めてミニチュア樹木を製作することになった.この辺りについてはフィギュア制作界隈が詳しいのだろうが,あいにくその方面の知り合いはいない.しかし調べてみると,ジオラマで背景として樹木を製作するノウハウはある程度蓄積しているようだ.今回はそういったノウハウも参考にしつつ,そこそこリアルな樹木のミニチュアを作っていきたい.

 完成イメージとしてはこんな感じだ.昭和記念公園のケヤキの木.トトロの木と言ったほうが分かりやすいかもしれない.

http://www.geocities.jp/akutamako/5-totoro.html

 通常,樹木のミニチュアは細い針金を撚り合わせて幹から枝を出し,枝を切って長さを調え,葉を載せるという形式を取る.しかしそれらに共通する課題として,幹が細すぎるという問題点があるようだ.また枝の形が自然に見えるようになるにはある程度の試行錯誤が必要とも思われた.

“巨木のミニチュアを作る” の続きを読む

マクロ栄養素による食事摂取量の把握

 Testosterone 氏による筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方を購入した.マクロ栄養素による食事管理の書籍だ.これまで漠然と食べ過ぎている印象はあったものの,自分が実際にどれくらい食べているのか,定量的に把握できていなかった.

“マクロ栄養素による食事摂取量の把握” の続きを読む

キッチンの未来

 キッチンの未来はどうあるべきだろうか.一つの答えとして,私見を述べたい.

家電はネットにつながるべきか? 「未来のキッチン」を制する闘いの内幕

 家電業界の IoT 化は遅れていると言っても過言ではない.上記の記事にあるように,

ソフトウエアの DNA が彼らのなかにはない

のである.とにもかくにも WiFi チップを埋め込んでおこうというのは理解できる.しかし,重要な点を見逃している.

“キッチンの未来” の続きを読む

黙示録とシンギュラリティ

人はわれわれのひとりのようになり,善悪を知るものとなった.(創世記)

 俺は元クリスチャンだ.日本だけのプロテスタントの教団で,教祖は既に死んだ.その教祖は自分が生きている間にキリストが再臨すると言っていたが,今のところその気配はない.

 いや,教祖はどうでもいい.中学時代に家族の通っていた教会で聖歌隊の賛美歌に感動して以後,聖歌隊に加入し大学卒業までその教団に所属していた.教会では聖書通読と言って,要は毎日聖書を少しずつ読まされた.聖書には旧約と新約がある.それぞれ 39 巻と 27 巻,合計 66 巻だ.創世記から始まり黙示録に終わる,長大な神話と言っていい.全体を読み通すのに 1 年はかかった.確か 3 回は聖書全体を読んだと思う.おかげで聖書の文句を言われても大体はどこらあたりに書いてあったのか思い出せる.しかし何度読んでも理解不能だったのがヨハネの黙示録だ.

 黙示録には世界の破滅を表す戦争や疫病の記述がある.中でも世界人口の 3 分の 1 が死ぬという下りは圧巻だ.冷戦中なら核戦争による人類絶滅というシナリオは十分に理解できたし,当時は第 3 次世界大戦で自分は死ぬんだろうと本気で思っていた.しかし冷戦は終結し,核保有国はその破壊力故に核兵器を使用できないということも分かってきた.テロが世界を震撼させているとは言え,世界は概ね平和になってきていると言っていいだろう.

“黙示録とシンギュラリティ” の続きを読む

Kindleと紙の書籍を分かつもの

 手元には Amazon 謹製の Kindle Fire HD がある.Apple 社の iPhone7s もあり,Kindle アプリが入っている.最近は殆ど Kindle Fire HD は使っていない.タブレットではリフローが乱れていちいち戻らないといけないことが多く,疲れてしまった.スマートフォンならそれがない.理由は分からない.

 書籍を購入する際,Kindle を選択する基準は一つ.固定レイアウトでないこと.数回,それで失敗した.スマートフォンのサイズでは文字が小さすぎて読めない.ズームも満足の行く倍率ではない.Kindle 版で固定レイアウトしかない場合,紙の書籍を選択することになる.幸い,中古の書籍は格安のことが多い.逆に希少な書籍の場合,高騰していることもある.

 今の職場に移ってから紙の書籍を購入することが増えた.紙の書籍はもう終わりだと思われていた時期もあったのに,何故か逆行している.元々据え付けてあったスチール本棚では収まりきらず,天井まで届く本棚を自作する羽目に陥っている.梅雨入りまで時間がない.これを書いているのは下塗りが終わってヤスリがけを待っている本棚が 10 本.今日の仕事の目処がついたら作業にかかりたい.おそらく 2,000 冊は収納できると思う.

冷静と情熱のあいだ

 このブログでは筋トレ,栄養,アフィリエイト,恋愛,新しいテクノロジーなどを取り扱う.カテゴリにはまず筋トレとテクノロジーを置いたが,その都度増えていくと思う.

 筋トレと栄養は健康を増進するため.アフィリエイトは Amazon Affiliate を使い,ブログ運営に充当する.恋愛は恋愛工学に基き,日々の気付きを記す.テクノロジーについては完全に個人的趣味.レイ・カーツワイルのシンギュラリティに影響を受けているが,否定的な考えも否定しない.

 筋トレに関しては,学術的裏付けが乏しいと感じている.Google Scholar による論文検索が欠かせない.1 編 $35 など有料の論文も多いが,最低でもアブストラクトの解説は試みたい.

 人間の心にはポジティブフィードバックがかかっており,プラセボ効果がよく知られている.一概に否定するものではないが,玉石混交の印象が強い.心は熱く,頭は冷静にをモットーに投稿していく.