USGSの地震データをインポートし,データベースのバックアップを取る

 USGS (United States Geological Survey) はアメリカ地質調査所とも呼ばれ,全世界の地震データを蓄積しているデータベースである.

 かつてここの地震データをダウンロードしたことがあった.合計 72 万件にも及ぶ巨大なファイルである.どのリンクからダウンロードしたのか,今となっては記憶が定かでない.ファイルのプロパティを見ると 2017 年 11 月作成となっていた.これを SQL Server にインポートする.

Power Query でデータクレンジング

残した列

 残した列は time, latitude, longitude, depth, mag (magnitude), net, id, updated, place, type である.その他は NULL が多く,削除した.

Power Quey で USGS からダウンロードしたcsvファイルをインポート
Power Quey で USGS からダウンロードしたcsvファイルをインポート

地震の原因

 type とは地震の原因となった現象である.フィルターを閲覧してみると興味深い.地震,化学爆発,環境爆発,地すべりなどの他に地雷の爆発や核爆発という項目もある.

type列を閲覧してみると興味深い
type列を閲覧してみると興味深い

ウィザードでインポート

 主キーや NULL については目をつぶる.小数点を扱う列のみ,念のために小数点以下の桁数を 1 つ増やしておく.

ウィザードの列マッピング
ウィザードの列マッピング

切り捨てエラーが発生

 発生場所の列で入力時の切り捨てエラーが発生したため,ウィザードを遡って 50 文字から 100 文字に増やす.

 列マッピングで途中まで入力した行を削除し,入力し直すオプションにチェックを入れる.

発生場所の列で入力時の切り捨てエラーが発生した
発生場所の列で入力時の切り捨てエラーが発生した

インポート完了

 今度は無事にインポートが完了した.

インポート完了
インポート完了

データベースのバックアップ

データベースを右クリックして「タスク」「バックアップ…」

 データベースが壊れたときのためにバックアップを取っておく.オブジェクトエクスプローラーのデータベースを右クリックして「タスク」「バックアップ…」と進む.

データベースを右クリックして「タスク」「バックアップ...」
データベースを右クリックして「タスク」「バックアップ…」

最初は完全バックアップ

 最初は完全バックアップである.次からは差分でよい.ストレージに余裕があれば都度完全バックアップが面倒でなくてよいが,最初はとにかく完全バックアップである.

 バックアップ先はディスクになっている.個人用ならこれで十分であろう.

最初は完全バックアップ
最初は完全バックアップ

 以下のメッセージが出ればバックアップは完了している.

「データベースのバックアップが正常に完了しました」
「データベースのバックアップが正常に完了しました」

クエリを発行してみる

 下記のクエリを発行する.

USE NatureDB;
GO
SELECT	type
	,	COUNT(*)	AS CNT
FROM	dbo.T_Earthquake
GROUP	BY type
ORDER	BY CNT desc;
type	CNT
earthquake	717557
quarry blast	2899
explosion	1901
nuclear explosion	771
mining explosion	701
rock burst	165
mine collapse	24
other event	23
sonic boom	14
chemical explosion	11
experimental explosion	5
acoustic noise	1
landslide	1

Power BI でヒートマップに表現する

EXCEL の散布図は現実解ではない

 最初 EXCEL のバブルチャートで表現しようとしたのだが,データ数が多すぎて EXCEL がフリーズした.それならと散布図で表現しようとしたが,時間がかかりすぎるため,現実的ではないと判断し,Power BI に切り替えた.

EXCELの散布図で表現した地震発生地域
EXCELの散布図で表現した地震発生地域

データソースは SQL Server

 データソースを SQL Server とし,サーバー名とデータベース名をそれぞれ入力してインポートする.latitude, longitude, mag をそれぞれ下図のようにドラッグ・アンド・ドロップする.

 「視覚化」で「マップ」,「凡例」にそれぞれの項目を指定し「高度なフィルター処理」で「指定の値を含む」に japan を指定する.

フォーカス編集モード

 レポート画面でフォーカス編集モードに移行する.

レポート画面でフォーカス編集モードに移行する
レポート画面でフォーカス編集モードに移行する

マップテーマの変更

 マップテーマを「ヒートマップ」に変更する.

マップテーマを「ヒートマップ」に変更する.
マップテーマを「ヒートマップ」に変更する.

地震発生地域のヒートマップ

 結果は以下である.

地震発生地域のヒートマップ
地震発生地域のヒートマップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください