Google Data Studioでたんぱく質摂取量のグラフを作るには

 今回は Google スプレッドシートから Google Data Studio でグラフを作る話.方法がややこしいので備忘録も兼ねて公開する.

Google Data Studio とは

 Google 謹製の BI ツールの一つ.似たようなコンセプトの製品では Tableau や Excel の Pivot Table なんかがある.Analytics とか,AdWords のデータを拾ってきて表示する機能もあるらしいけど,標準の機能で十分だから連携はしてない.

 2018 年 4 月現在ではベータ版.Google のことだからそのうち開発中止になるかもしれない.

Google Data Studio の起動

 サイトはGOOGLE DATA STUDIOにある.「DATA STUDIO を起動する」という青いボタンをクリックする.

Fig1

 初期画面はこんな感じ.「新しいレポートの開始」で「空白」のレポートをクリックする.

Fig2

データソースを追加

 すると「データソースを追加」ダイアログが出る.一番下の「新しいデータソースを作成」という青いボタンをクリック.

Fig3

Googleスプレッドシートとの連携

 データソースの選択画面になる.一番左のカラムから「Google スプレッドシート」をクリック.すると Google アカウントで作成したスプレッドシートがずらずらと表示されるので,目的とするスプレッドシートをクリック.ここでは「マクロ栄養素」を選ぶ.

Fig4

 「シート1」が表示されるのでクリック.右上の「接続」という青いボタンをクリック.

フィールドの選択画面になる.このまま右上の「レポートに追加」という青いボタンをクリック.

Fig5

 確認のウィンドウが出るのでそのまま「レポートに追加」の青いボタンをクリック.

Fig6

レポート画面の編集

 ようやくレポートの初期画面になる.ここではキャンバスサイズを「スクリーン横向き」に変更してある.今回は上下二段のレポートを作ることにする.

Fig7

 「棒グラフ」のアイコンをクリックし,レポート画面の左上から右下までドラッグしてグラフ領域を確保する.このままでは時系列のたんぱく質摂取量が表示されていないので,ここから色々設定を変更していく.

Fig8

ディメンションを日付に変更

 右側のパネルには「データソース」以下「ディメンション」と「指標」が表示されている.さらに右側には「使用可能な項目」が列挙されている.

Fig9

 賢明な読者ならもうお分かりだと思うが,ここではデータベースの集約関数が使われている.SQL でいうところの GROUP BY で指定するのがディメンション,集約関数の引数が指標である.

 「使用可能な項目」から Date を「ディメンション」の空欄にドラッグしてくる.ここには元々 Meal が入っているが Date を持ってきたことで削除できるようになる.バツ印をクリックして削除する.

Fig10

指標をたんぱく質に変更

 「指標」には Weight (g) がデフォルトで入っているが,これをクリックすると「指標選択ツール」に遷移するので Protein (g) にチェックをつける.左矢印で元の画面に戻る.

Fig11

指標を日付の昇順でソートする

 「指標の並べ替え」は Weight (g) がデフォルトで選択されているが,これもクリックすると「並べ替え選択ツール」に遷移するので Date にチェックを入れ,左矢印で戻る.「降順」が選ばれているが「昇順」に変更する.

Fig12

デフォルトの期間を指定する

 その下に「デフォルトの期間」があり,初期設定では「全期間」が選択されているが直近のものに変更したい.ラジオボタンの「カスタム」をクリックしてリストボックスの「全期間」をクリックするとさらに詳細が選択できるようになる.「過去 7 日間」が良いだろう.「今日を含む」チェックボックスが現れるのでこれもチェックしておく.

Fig13
Fig14

たんぱく質,脂質,炭水化物のカロリーをグラフにする

 上記と同様の手順でディメンション,指標,並べ替え,デフォルトの期間を設定する.違いは P (kcal), L (kcal), C (kcal) を指標に選択するところである.さらに見やすくなるように積み上げ棒グラフに変更してみよう.

Fig15

スタイルを変更して積み上げ棒グラフにする

 右側のパネル上部に「データ」と「スタイル」のタブがある.スタイルをクリックする.

Fig16

 「積み上げ棒グラフ」のチェックボックスが現れるのでチェックする.「割合による表示」「データラベルを表示」は好みで良いだろう.

グラフの配色を変更する

 デフォルトのグラフの色はちょっと下品だ.こういう場合,同系色でまとめると上品に見える.ここでは青にまとめてみよう.

Fig17

 配色のセルをクリックすると配色のパレットが表示される.「赤」は右から4列目,下から3行目の「水色」に変更する.「黄」は右から4列目,下から2行目の「薄水色」に変更する.

Fig18

まとめ

 最後にタイトルを「マクロ栄養素」に変更して完成した.この程度のダッシュボードなら数分で作れる.お手軽なものならこれで十分だが,ちょっと凝ったことをしようとすると行き詰まる.サンプルにあるような複雑なチャートは俺には作れない.参考にしてくれ.

Fig19

2 Replies to “Google Data Studioでたんぱく質摂取量のグラフを作るには”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください