黙示録とシンギュラリティ

人はわれわれのひとりのようになり,善悪を知るものとなった.(創世記)

 俺は元クリスチャンだ.日本だけのプロテスタントの教団で,教祖は既に死んだ.その教祖は自分が生きている間にキリストが再臨すると言っていたが,今のところその気配はない.

 いや,教祖はどうでもいい.中学時代に家族の通っていた教会で聖歌隊の賛美歌に感動して以後,聖歌隊に加入し大学卒業までその教団に所属していた.教会では聖書通読と言って,要は毎日聖書を少しずつ読まされた.聖書には旧約と新約がある.それぞれ 39 巻と 27 巻,合計 66 巻だ.創世記から始まり黙示録に終わる,長大な神話と言っていい.全体を読み通すのに 1 年はかかった.確か 3 回は聖書全体を読んだと思う.おかげで聖書の文句を言われても大体はどこらあたりに書いてあったのか思い出せる.しかし何度読んでも理解不能だったのがヨハネの黙示録だ.

 黙示録には世界の破滅を表す戦争や疫病の記述がある.中でも世界人口の 3 分の 1 が死ぬという下りは圧巻だ.冷戦中なら核戦争による人類絶滅というシナリオは十分に理解できたし,当時は第 3 次世界大戦で自分は死ぬんだろうと本気で思っていた.しかし冷戦は終結し,核保有国はその破壊力故に核兵器を使用できないということも分かってきた.テロが世界を震撼させているとは言え,世界は概ね平和になってきていると言っていいだろう.

 黙示録では世界戦争,大規模な疫病,環境破壊の末にイスラエルが攻め込まれて全滅寸前のところでキリストが再臨し,圧倒的な軍事力をもって敵対勢力を一掃する,とある.俺の所属していた教団ではキリストの再臨は 2 回に分けて行われると解釈していた.一度目は空中再臨でキリスト信者が空中に携挙されるもの.二度目は地上再臨でこちらがイスラエルの救済に当たるもの.要は,人類絶滅を回避するために神が介入するということなのだろう.

 俺は今は無神論者だが,聖書の文句は時々呪いのように脳裏に浮かんでくる.感受性豊かな時に刷り込まれた記憶というのはなかなか消せないもののようだ.

 俺は当時から不思議だった.空中に携挙されたキリスト信者たちはその後どこへ行くのか?また,福音書ではキリストは妊婦,産婦は不幸である,とも言っている.これはどういうことだ?

 今なら多分こうだろう,という推測ができる.キリストが宇宙を創造した神などではなく,高度に発達した科学技術をもつ種族の派遣した異星人だとしたら,という仮定を置く.高度に発達した異星人は,地球人類が自滅するのを黙視するわけにはいかなかったのだろう.将来我々が他の星系に進出した際,同じ運命を辿ろうとしている種族がいたとしたら,救済の手を差し伸べないだろうか?

 その時には妊婦の子宮から胎児が,また出生直後の乳児や幼児が連れ去られるという大事件が人種の別なく起きるようだ.今の我々には SF でしかない技術が応用されているとしか思えないが,人類の種を保存するという意味においては強引ながら確実な方法と言える.それも物心つく前の子供ばかりである.異星人の教育を施すには最適の時期ではないか.出生前の胎児を子宮外で生存・発育させる技術はまだ我々にはないが,異星人にとっては実用化された技術なのだろう.それにしても,全人類の胎児・乳幼児となると,全部で何億人になるのだろう?それだけの規模の保育施設となると,地球軌道上に少なくとも数万もの大艦隊を派遣しなくてはいけなくなる.異星人,大忙しだね.

 ともあれ,結果は人類にとっては一大事である.世界中から一斉に子供がいなくなるわけである.親にとっては悪夢以外の何物でもない.しかし,核戦争による放射能で世界の水源の 3 分の 1 が汚染され,飲用に適さないとあってはやむを得ない処置ではないか.キリストだって妊婦・産婦は災いであるとは言ってないし.

 子供以外で救済される大人はキリスト信者だけである.彼らは空中に携挙され,異星人の宇宙船に載せられて戦争の期間をしのぐというのが俺の推測だ.全くもって腹立たしいが,それでも地球上から人類が死に絶えるわけではない.しかし現在の国家の枠組みはかなり変わるだろう.超大国の破滅が記されていて,これはアメリカを指すのだろうと言われている.そのアメリカにユダヤ人が一時避難するという記述もあるんだけどね.人類の富の 3 分の 1 が失われるってさ.まあ,この世の終わりとしか思えないな.

 謎は他にもある.いわゆる千年王国ってやつ.新天新地もそう.

 キリスト再臨後は人類の自治はなくなり,異星人の支配下に置かれることになる.で,戦争中は宇宙に避難していたキリスト信者たちも地球に戻ってきて,支配者層に収まると.まあ自滅するほどの戦争をした種族に任せていたんじゃまた戦争始めるかもしれないし,その方がいいんだろうね,しばらくは.で,ここが重要なんだけど,多分この頃に人類は技術的特異点を迎えて,人工知能による次世代のコンピューティングが加速していく.数学や物理学で驚異的な進歩があって,エネルギー問題や食糧問題が解決される.医療分野でのナノテクノロジーが実用化され,ゲノミクス,プロテオミクス,メタボロミクスの順にヒトの生命活動がほぼ完全に理解され,疾病が克服されて老化もコントロール出来るようになり,創世記の登場人物がそうであったように,ヒトの寿命は 1,000 年近くに伸びる.あれ,じゃ千年王国って一世代になってしまうのか.

 寿命を克服した人類は次に何をするか.当然人工知能との融合は当たり前の技術になっていて,宇宙に進出しようとするだろうね.太陽系内の探索はもちろん,深宇宙への進出も行われるだろう.光速の限界をどうやって突破するのかという課題はあるけど,量子力学の点から何らかのブレイクスルーがあるんじゃないかと思ってる.1,000 年間は人類の技術が飛躍的に向上して宇宙に進出する期間.たぶん,この間に銀河系は探索し尽くされるんじゃないかな.生身の人間が行く必要はなくて,機械生命体が適任だろうね.まさにレイ・カーツワイルのいう『宇宙に知性が満ちる』段階だと思う.

 銀河系内を移動する技術があれば,他の銀河系に進出するのも時間の問題だ.そうやって全宇宙に進出した人類は,もはやヒトの形をしているとは限らないけど,次にどうするだろう?我々の存在する宇宙と並行して存在する宇宙に進出しようとするだろうね.で,生命の発生,文明の発達を促すと.おお,これってもはや神様の領域だ.てか,我々自身が神になるってことじゃないか?

 話を黙示録に戻す.ヨハネは新しい天と地を見た.先の天と地は消え失せた,海もなくなったと書いてる.で,新しいエルサレムが天から降りてくるのを見たと.これって別の惑星に移住したって解釈したほうが話早くないか?そう考えると黙示録って実は宗教と科学の究極的な融合を説いた書だったのかも,と思えてくる.

 千年王国の終わりに実はもう一回戦争がある,との記述がある.これは神と悪魔の最終戦争と言われていて,地の底に住む龍を退治する話.そのまま読むと,火山の中に龍がいるという話になってしまうんだけど,正直良くわからない.結局神の軍勢の勝利に終わるんだけど,その決着が龍を殺した,じゃなくて地の底に永久に閉じ込められた,なんだよね.地殻の変動をコントロールできるようになるって言うならまだ分かりやすいけど,それに神の軍隊が必要かというと,疑問符がつく.地殻の変動による火山の災害がなくなった代償として地球が冷却し,人類が地球を捨てて移住する必要が出てきたとか.ここは保留にしておく.

 過去に死んだキリスト信者たちが復活して墓から出てくる話も書いてある.地球上の元素が足りなくなるのではないだろうか.

 以上,妄想ばかり膨らませてみた.まあ,俺は地球上で大多数の人類と運命を共にする覚悟でいる.その時が来たら死んでるかもしれんが,地上で核戦争を眺めてるか,地獄の業火に焼かれるかしてるんだろう.それはそれで一興だ.異星人のテクノロジーを見れないのは心残りだけど.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください