PowerPointで消化管の断面・内腔を描く

 ある機会があって PowerPoint で腸管の断面をイラストで描いた.その際のチップスを共有したい.

クイックアクセスツールバーのカスタマイズが必須

 とにもかくにも,「PowerPoint のオプション」に入る必要がある.図形の切り抜きをやろうとすると,絶対に必要になる.

「クイックアクセスツールバーのユーザー設定」から「その他のコマンド...」をクリック
「クイックアクセスツールバーのユーザー設定」から「その他のコマンド…」をクリック

「コマンドの選択」は「すべてのコマンド」を選ぶ

 かなり長いメニューが左のパネルに現れる.下の方にスクロールすると「図形の型抜き/合成」「図形の重なり抽出」「図形の接合」というコマンドが現れる.これらを一つずつ「追加」する.

「すべてのコマンド」から「図形の型抜き/合成」「図形の重なり抽出」「図形の接合」を追加する
「すべてのコマンド」から「図形の型抜き/合成」「図形の重なり抽出」「図形の接合」を追加する
このような状態になればOKだ

 ここまで来てようやく,図形の切り抜きが行えるようになる.

大きさの違う円を重ねる

内側の円は90%に

 実際に手を動かしてみると分かるが,最近の PowerPoint はかなりグリッドの精度が高く,勝手に吸い付いてくれる.

 適当に円を描き,コピーペーストして大きさを 90 % にする.

大きさの異なる円を重ねる.グリッドに吸い付いてくれるので楽だ
大きさの異なる円を重ねる.グリッドに吸い付いてくれるので楽だ

「型抜き/合成」または「単純型抜き」を選ぶ

 このあたりのメニューは Adobe Illustrator ゆずりだ.集合の和や差,積といった概念があると理解しやすい.

「型抜き/合成」を選ぶ
「型抜き/合成」を選ぶ

 この場合は「単純型抜き」でもよい.

内側の円でくり抜かれた.これは集合の差にあたる
内側の円でくり抜かれた.これは集合の差にあたる

これは集合論だ

 「接合」は和 (UNION), 「型抜き/接合」はXOR, 「重なり抽出」は積 (INNER JOIN), 「単純型抜き」は差 (EXCEPT) にあたる.「切り出し」はよく分からない.

絨毛の描き方

円を並べる

 あまり難しく考えなくてよい.適当な大きさの円を並べていく.

絨毛を描く.単純に円をコピペして内側の円周上に並べていく
絨毛を描く.単純に円をコピペして内側の円周上に並べていく

全てを選択して「接合」

 円を並べ終わったら全て選択し,先程のメニューから「接合」を選ぶ.

並べ終わった円をすべて選択した状態
並べ終わった円をすべて選択した状態
「接合」を選ぶ
「接合」を選ぶ

 結果はこうなる.

接合するとこうなる.腸管の断面らしくなってきただろうか?
接合するとこうなる.腸管の断面らしくなってきただろうか?

さらに円をコピペしていく

 ひたすらコピペだ.注意が必要なのだが,ペーストされた図形のほうが「最前面」に来る.最初の円をどこに置くかちょっと考える必要がある.

円をコピペしていく.一番奥の円から置き始めるのがミソだ
円をコピペしていく.一番奥の円から置き始めるのがミソだ

グループ化する

 グループ化したほうが後々処理がしやすい.グループ単位でコピペできるし.

並べた円をまとめてグループ化する
並べた円をまとめてグループ化する

グループ化した円をまとめてコピペ

 ここまで来れば後の作業は察しがつくと思う.面白いのは,グループ化したままでも個々の円の位置をずらしたり,削除したりできることだ.これは便利.

グループ化した状態
グループ化した状態

ペーストする度に「最背面へ移動」

 ペーストする度に「最背面へ移動」を忘れずに.こうすることで内腔の奥行きが感じられるようになる.円の位置を手動でずらすとそれっぽくなってくる.

ポイントは図形の切り抜きだ

 まあ実際の絨毛はもっと細かいんだけどね.あくまでイラストだから.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください