Office365のPowerPointで開発リボンを表示する方法

 ちょっとした小技.Office 365 サブスクリプションでは「開発」タブが隠されていて初期状態では見られない.これを出す方法を見つけたので紹介する.

オプションはどこへ行った?

 もともと「詳細設定」とか「オプション」とかいう詳細な設定を行う画面があったはずなのだが,Google 検索しても古いバージョンの情報が出てくるばかりで役に立たない.

 以前だと「ファイル」タブの左下の方にあった気がするが,いつの間にか移動していた.ウィンドウのタイトルバーに入口があった.下向きの矢印だ.

「その他のコマンド…」が怪しい

 ビンゴ.こんなところに移動していたとは.マイクロソフトの仕様変更はいつものことだが,探すのに苦労する.

「クイックアクセスツールバーのユーザー設定」から「その他のコマンド...」をクリック
「クイックアクセスツールバーのユーザー設定」から「その他のコマンド…」をクリック

PowerPointのオプション

 これこれ.オプションはここが入り口だ.

「PowerPointのオプション」が開く
「PowerPointのオプション」が開く

「リボンのユーザー設定」をクリック

 「クイックアクセスツールバー」の一つ上に「リボンのユーザー設定」があるのでこれをクリック.右側のパネルを下の方にスクロールすると「開発」チェックボックスがある.

「リボンのユーザー設定」をクリック.右のパネルをスクロールすると「開発」チェックボックスが見える
「リボンのユーザー設定」をクリック.右のパネルをスクロールすると「開発」チェックボックスが見える

「開発」にチェック

 ここにチェックを入れて「OK」ボタンを押せば終了だ.

「開発」にチェックを入れる
「開発」にチェックを入れる

「開発」タブが表示された

 「表示」タブと「ヘルプ」タブの間に「開発」タブが表示される.これで VBA や ActiveX コントロールやアドインが使えるようになる.

リボンに「開発」が表示された
リボンに「開発」が表示された

何に使うのかって?

 まあそれは後のお楽しみ.何か形になったらまた紹介しよう.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください