鶏もも肉のレモンソース焼きの作り方

 東京のコンビニで買ったサラダチキンのレモン味が美味しかったので,それに触発されて作ったものである.レモンの酸味は加熱によって薄まり,肉の臭みがレモンによって爽やかになる.肉を果実と一緒に煮たり焼いたりするのは中東やヨーロッパの料理に多く,和食とは違う味わいがある.レモンは国産が良い.輸入ものはワックスがかかっていて苦味があり,美味しくない.

材料(4人分)

食品 個数 重量 たんぱく質 脂質 炭水化物
鶏もも肉 4 片 1,200 g 194.4 g 168g 0 g
レモン 0.5 個 75 g 0.3 g 0.15 g 6.45 g
砂糖 大さじ 1 9 g 0 g 0 g 8.93 g
みりん 大さじ 2 38 g 0.04 g 0 g 20.86 g
片栗粉 小さじ 2 6 g 0.01 g 0.01 g 4.9 g
0.5 カップ 100 g 0 g 0 g 0 g

作り方

ソース

 レモンを縦に切り,種と繊維の筋を取り,半月切りにする.鍋に切ったレモン,砂糖,みりんと水を入れ,煮る.煮詰まってきたら片栗粉を水に溶いて鍋に入れ,とろみを付けて火から下ろす.

鶏もも肉

 鶏もも肉を一口大に切り,フライパンを熱して皮目から焼き,中心まで火が通ったら皿に移す.ソースを絡めて完成.

マクロ栄養素

 鶏もも肉を使っている時点で脂質が多いことは予想がつく.皮なしの鶏胸肉やササミで試したらどうなるか,楽しみである.

たんぱく質 脂質 炭水化物
48.7 g 42.0 g 10.3 g

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください