eStatの地図で見る統計(統計GIS)データダウンロードから小地域の境界データをダウンロードし,人口密度をQGISで表現する

こちらの方が自然に感じられる

 国勢調査をもとに作成された境界データダウンロードサービスがある.市区町村よりも更に細かい,町字の粒度でのGISデータである.今回は関東地方のデータをダウンロードし,QGISで人口密度を可視化する.

“eStatの地図で見る統計(統計GIS)データダウンロードから小地域の境界データをダウンロードし,人口密度をQGISで表現する” の続きを読む

QGIS から SQL Server へデータをアップロードする際の勘所

 QGIS から SQL Server 2008 R2 に空間データをアップロードする際には Shape2SQL というツールを使った.便利なツールではあるが,国土数値情報の河川データの属性テーブルの日本語が文字化けするという問題を抱えており,何とかならないかと試行錯誤した結果を備忘録として投稿する.

“QGIS から SQL Server へデータをアップロードする際の勘所” の続きを読む

QGISで属性テーブルの構造を編集する

「プロセシング」メニューから「ツールボックス」

 国土数値情報の河川データをダウンロードして SQL Server 2008 R2 にアップロードできなかった話や,国土数値情報の河川データの属性テーブルを編集してみたでは,国土数値情報のデータファイル自体に問題がありそうだと指摘した.

 今回は QGIS で属性テーブルの構造を変更する方法を記述する.

“QGISで属性テーブルの構造を編集する” の続きを読む

都道府県ごとの河川データを1つのcsvファイルに変換する

CSVテキストレイヤをベクタレイヤとして追加した結果

 河川データを都道府県別ではなく,水域別に抽出したい.そんな動機から QGIS と EXCEL の間を行ったり来たりしている.QGISで都道府県ごとの河川データをマージするではかなり無謀なことをやった.今回はもう少し丁寧にデータを扱ってみたい.

“都道府県ごとの河川データを1つのcsvファイルに変換する” の続きを読む

国土地理院の基盤地図情報のベクタデータを大量に扱いたい時

 ベクタデータは拡大しても劣化がないが,データサイズが大きいため,環境によっては動作が極端に重くなる.

 これといった決定打があるわけではないが,事前の準備があると少しは取り扱いが楽になる.

“国土地理院の基盤地図情報のベクタデータを大量に扱いたい時” の続きを読む