Shape2SQLをダウンロードしてインストールする

 第 6 章 空間データをインポートする (Beginning Spatial with SQL Server 2008) でも紹介したが,Shape2SQL は ESRI ファイルを SQL Server のジオメトリ型あるいはジオグラフィ型に変換するツールである.国土交通省が日本の地理データを公開しており,これを SQL Server にインポートしたい.

SQL Spatial Tools をダウンロードする

 Shape2SQL は SQL Spatial Tools というツール群の中にある.最初直接検索しても見つからず,しばらく探し回った.ダウンロードのリンク先はこちらになる.

Shape2SQL は SQL Spatial Tools というツールの中にある
Shape2SQL は SQL Spatial Tools というツールの中にある

 圧縮された zip ファイルを任意の場所に展開すると,下図のようなファイル群が生成される.他にも Australia.sql というファイルも生成される.

SQL Spatial Tools に含まれるファイル
SQL Spatial Tools に含まれるファイル

.NET Framework 3.5 をインストールする

 目的のアプリを起動すると,.NET Framework 3.5 をインストールするよう求められるので,そのまま続行する.

.NET 3.5 FrameWork をインストールするよう求められる
.NET 3.5 FrameWork をインストールするよう求められる

Shape2SQL を起動する

 再び Shape2SQL を起動する.最初に Database Configuration を設定する.Server Name に SQL Server のインスタンス名をコピペする.

Database Configuration の Server name に SQL Server インスタンス名を入力する
Database Configuration の Server name に SQL Server インスタンス名を入力する

 すると,Connect to a database の Select or enter  a database name がプルダウンできるようになり,データベースを選択できるようになる.

Connect to a database の Select or enter a database name でプルダウンできるようになる
Connect to a database の Select or enter a database name でプルダウンできるようになる

Shapefile Uploader for SQL Server 2008 の画面

 ここではデータベースをまだ作成していないため一旦キャンセルしている.下図のような画面に遷移する.ここで Shapefile の存在するディレクトリを指定するのであろう.

Shapefile Uploader for SQL Server 2008 の画面
Shapefile Uploader for SQL Server 2008 の画面

まとめ

 今回は Shape2SQL をダウンロードしてインストールするところまで実行した.実際に Shapefile を SQL Server にインストールするのはまた機会を見てとしたい.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください