日平均蒸気圧と熱中症の重症度別搬送人員との関連を調べる

 日別平均水蒸気圧と熱中症搬送人員との相関を可視化するでは平均水蒸気圧と熱中症搬送人員との相関関係を示した.今回は日平均蒸気圧と熱中症の重症度別の搬送人員との関連を調べ,日平均蒸気圧の閾値及びその感度と特異度を求める.

データベース

 データベースは熱中症の搬送人員と最高気温との相関関係を可視化し閾値をχ二乗検定するで作成したものを使用する.総務省の消防庁および気象庁からのデータである.

重症度別の搬送人員の統計

 平均水蒸気圧を横軸に,搬送人員数を縦軸に散布図を描く.いずれの重症度も指数関数的増加傾向を認める.縦軸を対数とするとその傾向がはっきりする.

軽症

平均水蒸気圧と軽症の搬送人員数
平均水蒸気圧と軽症の搬送人員数

中等症

平均水蒸気圧と中等症の搬送人員数
平均水蒸気圧と中等症の搬送人員数

重症

平均水蒸気圧と重症の搬送人員数
平均水蒸気圧と重症の搬送人員数

死亡

平均水蒸気圧と死亡の搬送人員数
平均水蒸気圧と死亡の搬送人員数

ストアドプロシージャ

 下記ストアドプロシージャは死亡と平均水蒸気圧との四分表を作成するものである.軽症,中等症,重症と書き換えることでそれぞれの四分表を作成できる.

CREATE PROCEDURE VaporPressure_Death
	@VaporPressure int 
AS
BEGIN
	SET NOCOUNT ON;
SELECT	@VaporPressure	AS '閾値'
,	SUM(CASE WHEN E.死亡 > 0 AND W.平均水蒸気圧 >= @VaporPressure	THEN 1 ELSE 0 END) AS 'a'
,	SUM(CASE WHEN E.死亡 = 0 AND W.平均水蒸気圧 >= @VaporPressure	THEN 1 ELSE 0 END) AS 'b'
,	SUM(CASE WHEN E.死亡 > 0 AND W.平均水蒸気圧 < @VaporPressure	THEN 1 ELSE 0 END) AS 'c'
,	SUM(CASE WHEN E.死亡 = 0 AND W.平均水蒸気圧 < @VaporPressure	THEN 1 ELSE 0 END) AS 'd'
,	SUM(CASE WHEN E.死亡 > 0					THEN 1 ELSE 0 END) AS 'a+c'
,	SUM(CASE WHEN E.死亡 = 0					THEN 1 ELSE 0 END) AS 'b+d'
,	SUM(CASE WHEN	W.平均水蒸気圧 >= @VaporPressure	THEN 1 ELSE 0 END) AS 'a+b'
,	SUM(CASE WHEN	W.平均水蒸気圧 < @VaporPressure	THEN 1 ELSE 0 END) AS 'c+d'
,	COUNT(*)									AS 'N'
FROM	dbo.Emergency	AS E
INNER	JOIN	dbo.T_平均水蒸気圧	AS	W
ON	E.日付 = W.年月日
AND	E.都道府県コード = W.都道府県コード
END
GO

結果

 変数 @VaporPressure に 10 から 40 までの整数を順に投入してストアドプロシージャの結果をEXCELのテーブルに貼り付ける.1-特異度を横軸に,感度を縦軸に散布図を描く.

軽症

 軽症の日平均蒸気圧の閾値は24hPaであり,感度は0.65, 特異度は0.71であった.

軽症と日別平均水蒸気圧のROC
軽症と日平均蒸気圧のROC

中等症

 中等症の日平均蒸気圧の閾値は24hPaであり,感度は0.71, 特異度は0.68であった.

中等症の日別平均水蒸気圧のROC
中等症の日平均蒸気圧のROC

重症

 重症の日平均蒸気圧の閾値は26hPaであり,感度は0.71, 特異度は0.64であった.

重症の日別平均水蒸気圧のROC
重症の日平均蒸気圧のROC

死亡

 死亡の日平均蒸気圧の閾値は26hPaであり,感度は0.79, 特異度は0.60であった.

死亡の日別平均水蒸気圧のROC
死亡の日平均蒸気圧のROC

まとめ

 軽症の日平均蒸気圧の閾値は24hPaであり,感度は0.65, 特異度は0.71であった.

 中等症の日平均蒸気圧の閾値は24hPaであり,感度は0.71, 特異度は0.68であった.

 重症の日平均蒸気圧の閾値は26hPaであり,感度は0.71, 特異度は0.64であった.

 死亡の日平均蒸気圧の閾値は26hPaであり,感度は0.79, 特異度は0.60であった.

 軽症と中等症,重症と死亡の閾値はそれぞれ等しかったが,重症度が上がるにつれて日平均蒸気圧の閾値も上昇傾向を認めた.

“日平均蒸気圧と熱中症の重症度別搬送人員との関連を調べる” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください