国土地理院の地球地図日本ダウンロードから都道府県のポリゴンデータをQGISで作成する

「融合」された結果の都道府県境界

 小地域の境界データはeStatで入手できる.市区町村の境界データは国土数値情報から入手できる.しかし都道府県の境界データは公的機関からは公表されていない.不思議である.今回は国土地理院の地球地図日本ダウンロードというサービスから都道府県の境界データを作成した.

“国土地理院の地球地図日本ダウンロードから都道府県のポリゴンデータをQGISで作成する” の続きを読む

国土数値情報の河川データが一部直っていた件

SQL Server

 以前の記事で国土交通省の国土数値情報の河川データが破損していると口を酸っぱくして述べたが,いつの間にか修復されていた.修復されていたのは北海道および茨城県のテーブル構造である.岐阜県と三重県のファイルは破損したままであり,修復を要した.

参考:QGISのフィールド計算機で国土数値情報の河川データの属性を修正する

QGISで国土数値情報のシェープファイルを修正する

国土数値情報の河川データの属性テーブルを編集してみたが…

“国土数値情報の河川データが一部直っていた件” の続きを読む

eSTATの小地域(町丁・字等別)毎の年齢(5歳階級、4区分)別、男女別人口をSQL ServerにBULK INSERTする

SQL Server

 2020 年の国勢調査の結果がようやくeSTATに反映された.日本の市区町村よりも粒度の細かい小地域(町丁・字等別)の人口構成が公表されたのは2022年6月24日付である.今回はこのデータをSQL Serverに取り込んでみたい.

“eSTATの小地域(町丁・字等別)毎の年齢(5歳階級、4区分)別、男女別人口をSQL ServerにBULK INSERTする” の続きを読む

国土地理院の基盤地図情報のベクタデータを大量に扱いたい時

 ベクタデータは拡大しても劣化がないが,データサイズが大きいため,環境によっては動作が極端に重くなる.

 これといった決定打があるわけではないが,事前の準備があると少しは取り扱いが楽になる.

“国土地理院の基盤地図情報のベクタデータを大量に扱いたい時” の続きを読む

Ecorisで国土地理院基盤地図情報の数値標高モデルをGeoTiffに変換する

merge_shade.tifの一部を拡大した画像

 国土地理院の基盤地図情報ダウンロードサービスではベクタデータとラスタデータをダウンロードできる.Point, LineString, Polygon はベクタデータだが,数値標高モデルはラスタデータである.今回はラスタデータである数値標高モデルをダウンロードし,GeoTiff に変換する.

“Ecorisで国土地理院基盤地図情報の数値標高モデルをGeoTiffに変換する” の続きを読む

SQL Server 2008 R2 に国土数値情報の行政区域データをアップロードする

東京都のshapeファイル

 医療圏のポリゴンデータをアップロードした際には日本語データが文字化けしており,原因も対処法も不明だった.

 今回は行政区域データをダウロードし,SQL Server にアップロードしてみたところ,日本語が文字化けしなかったので報告する.

“SQL Server 2008 R2 に国土数値情報の行政区域データをアップロードする” の続きを読む