SQL Server 2017 デベロッパーエディションをカスタムインストールする

 端末の HDD を SSD に交換したついでに SQL Server 2017 をカスタムインストールしたので,備忘録として記す.

 結論から言うと,Integration Services だけインストールできなかった.理由はわからない.

目次

SQL Server 2017 デベロッパーエディションのインストーラをダウンロードする

 詳細はSQL Server 2017 をインストールするに書いたが,今回はデータベースエンジンのインストールもカスタムインストールで行うことにする.

SQL Server インストールセンターを開く

 インストーラファイル名は SQLServer2017-SSEI_Dev である.ダウンロードしたインストーラをダブルクリックして開くと下図のようになる.

SQL Server 2017 Developer Editionのインストーラ.ここでは「カスタム」を選ぶ
SQL Server 2017 Developer Editionのインストーラ.ここでは「カスタム」を選ぶ

インストールパッケージがダウンロードされる

 「インストール」をクリックするとインストールパッケージがダウンロードされるが,ダウンロード先はいわゆる「ダウンロード」フォルダではないようだ.

SQL Serverインストールパッケージのダウンロード画面
SQL Serverインストールパッケージのダウンロード画面

SQL Server インストールセンターが起動する

 下図のようにインストールセンターが起動する.左のパネルの上から二番目「インストール」をクリックしたところである.

SQL Serverインストールセンターが起動する
SQL Serverインストールセンターが起動する

「SQL Server の新規スタンドアロンインストールを実行するか,既存のインストールに機能を追加」をクリックする

 一番上を選ぶ.最も基本となるデータベースエンジンのインストールである.

「無償のエディションを指定する」から「Developer」を選ぶ

 無償のエディションには Express と Developer がある.ここでは Developer を選ぶ.

エディションの指定
エディションの指定

「ライセンス条項」を読む

 ライセンス条項に目を通したら「ライセンス条項に同意します」をチェックする.

ライセンス条項を確認する
ライセンス条項を確認する

グローバルルールで引っかかる

 SQL Server のインストール前にチェックされる項目がいくつかある.コンピュータの再起動で引っかかった.調べてみると,最新の Windows Update を適用していないためらしい.仕方がないので適用する.

「Microsoft Update を使用して重要な更新プログラムを確認する」にチェックを入れる

 推奨されているのでチェックを入れる.

「Microsoft Update を使用して重要な更新プログラムを確認する」にチェックを入れる
「Microsoft Update を使用して重要な更新プログラムを確認する」にチェックを入れる

セットアップファイルのインストール

 ここでは特にすることがない.「次へ」が表示されたらクリックするだけである.

セットアップファイルのインストール
セットアップファイルのインストール

インストールルールを確認する

 Windows ファイアウォールで警告が出ているが,「次へ」が表示されているのでそのまま進む.

インストールルール
インストールルール

「機能の選択」で「すべて選択」する

 何をインストールするかここで選ぶ.分からないので「すべて選択」をチェックして先へ進む.問題があれば引き返すつもりである.

「機能の選択」で「すべて選択」
「機能の選択」で「すべて選択」

「機能ルール」で引っかかる

 「Polybase は Oracle JRE 7 Update 51 (64ビット) 以降が必要です」と失敗している.Oracle などインストールしていないので不要と判断し,「戻る」で前の画面に戻る.

「機能ルール」で「PolybaseにはOracle JRE 7 Update以降が必要です」とエラーとなる
「機能ルール」で「PolybaseにはOracle JRE 7 Update以降が必要です」とエラーとなる

「外部データ用 Polybase クエリサービス」を外す

 該当箇所は「外部データ用 Polybase クエリサービス」のようなので,このチェックを外す.

「外部データ用Polybaseクエリサービス」のチェックを外す
「外部データ用Polybaseクエリサービス」のチェックを外す

「インスタンスの構成」では「規定のインスタンス」のまま

 初めて SQL Server をインストールする場合はデフォルトで「規定のインスタンス」にチェックが入っていると思う.そのまま「次へ」をクリックする.

「インスタンスの構成」では「規定のインスタンス」
「インスタンスの構成」では「規定のインスタンス」

「サーバーの構成」はそのまま触らず「次へ」

 この辺りからよく分からなくなってくる.Analysis Services や Integration Services もインストールされるようなので,とりあえずこのまま進むことにする.

「サーバーの構成」は触らずそのまま進む
「サーバーの構成」は触らずそのまま進む

「データベースエンジンの構成」では認証モードを選ぶ

 デフォルトで「Windows認証モード」を選んでいるが,正直よく分からない.

「データベースエンジンの構成」で認証モードを「Windows認証」とする
「データベースエンジンの構成」で認証モードを「Windows認証」とする

「SQL Server 管理者の指定」で「現在のユーザーの追加」を選ぶ

 よく分かってないが,とりあえずこれで進むことにする.画像では塗りつぶしてあるが,「端末名\ユーザー名」となっている.

「SQL Server 管理者の指定」で「現在のユーザーの追加」を選ぶ
「SQL Server 管理者の指定」で「現在のユーザーの追加」を選ぶ

「Analysis Services の構成」での「サーバーモード」と「管理権限ユーザーの指定」

 「Analysis Services の構成」では「サーバーモード」と「管理権限を持つユーザーの指定」を行う.

 「サーバーモード」ではデフォルトで「表形式モード」がチェックされている.ここもよく分からない.ので,そのままにしておく.

 「Analysis Services の管理権限をもつユーザーを指定」では例によって「現在のユーザーの追加」を選ぶ.これも「端末名\ユーザー名」で表示されている.

Analysis Servicesの構成
Analysis Servicesの構成

「Integration Services Scale Outの構成-マスターノード」は触らずそのまま

 ポート番号やら新しい SSL 証明書の作成やら表示されているが,よくわからないのでそのまま進む.

Integration Services Scale Outの構成
Integration Services Scale Outの構成

「Integration Services Scale Outの構成-ワーカーノード」も触らずそのまま

 同様に先へ進む.

Integration Services Scale Outの構成
Integration Services Scale Outの構成

「分散再生コントローラー」の権限を持つユーザーに「現在のユーザーの追加」

 ここらへんも何も触らずに「次へ」.

分散再生コントローラー
分散再生コントローラー

「分散再生クライアント」も触らずにそのまま

 この辺り,何も考えていない.ひたすら「次へ」である.

分散再生クライアント
分散再生クライアント

Microsoft R オープンのインストールに同意する

 他に選択肢はないので「承諾」をクリックする.

Microsoft R オープンのインストールに同意する
Microsoft R オープンのインストールに同意する

Python のインストールに同意する

 同様に「承諾」をクリック.

Python のインストールに同意する
Python のインストールに同意する

「インストールの準備完了」で全体を俯瞰する

 ようやくここまで来た.ウィンドウを全画面に広げてもまだ表示しきれない.ここで「インストール」をクリックすれば実際のインストール作業が始まる.

インストールの準備完了
インストールの準備完了

インストールの進行状況

 ここまで来たら後は待つだけである.筋トレでもして待っていよう.

インストールの進行状況
インストールの進行状況

完了

 すべての機能のインストールが成功した,という通知画面.

インストール完了
インストール完了

まとめ

 SQL Server 2017 デベロッパーエディションをカスタムインストールした.サーバーの構成や管理権限ユーザーの指定など,中途半端な理解のままではあるが,個人で開発用に使うなら問題ない.

 この後,さらに Reporting Services のインストールもあるのだが,また別記事で紹介しよう.

One Reply to “SQL Server 2017 デベロッパーエディションをカスタムインストールする”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください