国土数値情報の洪水浸水想定区域が令和5年度版に更新された

令和5年度版の洪水浸水想定区域

 この記事が公開される頃には梅雨真っ盛りであり,各地で洪水の被害が報道されていることと思う.いささか遅きに失した感もあるが,令和5年度版の洪水浸水想定区域が5月31日に発表されたため,記事にした.とりあえず茨城県版のデータをQGISに取り込み,浸水深ランクコードごとに塗り分けた.各自治台の担当に置かれては洪水ハザードマップの更新に忙しい時期と思われ,参考にされたい.

“国土数値情報の洪水浸水想定区域が令和5年度版に更新された” の続きを読む

国土数値情報の洪水浸水想定区域データをQGISで表現する

 温暖化に伴い洪水被害が増加しつつある.各自治体のハザードマップの重要性が増しているところであるが,今回は国土数値情報ダウンロードサイトから洪水浸水想定区域のデータをダウンロードし,QGISで表現してみた.

“国土数値情報の洪水浸水想定区域データをQGISで表現する” の続きを読む

国土数値情報の一次医療圏テーブルの文字化けを解決し,医療機関テーブルに行政区域コードを追加する

 先の記事(国土数値情報の二次医療圏テーブルの文字化けを解決する)では二次医療圏テーブルの文字化けを解決した.今回は行政区域コードで集約したポリゴンを融合した一次医療圏テーブルの文字化けを解決し,医療機関テーブルに行政区域コードを追加する.

“国土数値情報の一次医療圏テーブルの文字化けを解決し,医療機関テーブルに行政区域コードを追加する” の続きを読む

医療機関テーブルに二次医療圏コードを追加する

SQL Server

 医療機関テーブルには二次医療圏コードが存在しない.そのため,ある医療機関がどの二次医療圏に属しているかを調べるには空間データを調べる必要がある.空間データは計算コストが高く,テーブルの結合条件に STWIthin() メソッドを使うのは時間がかかる.そのため,医療機関テーブルに二次医療圏コードを追加しようと考えた.

“医療機関テーブルに二次医療圏コードを追加する” の続きを読む

国土数値情報の二次医療圏テーブルの文字化けを解決する

SQL Server

 前回の記事(国土数値情報の令和2年の医療圏データの文字化けが直っていた)では国土数値情報の医療圏データで四苦八苦した様子を掲載した.今回は二次医療圏テーブルの文字化けの解決を試みる.

“国土数値情報の二次医療圏テーブルの文字化けを解決する” の続きを読む

国土数値情報の令和2年の医療圏データの文字化けが直っていた

SQL Server

 以前の投稿(Shape2SQL でシェープファイルを SQL Server 2008 R2 にアップロードする)で国土数値情報ダウンロードサービスの医療圏データが文字化けしていると記述した.改めてダウンロードして SQL Server にアップロードしたところ,いつの間にか文字化けが直っていた.以前にも河川データの文字化けを指摘したことがあるが,こちらも修正されていた(国土数値情報の河川データが一部直っていた件).どうやら国土交通省に指摘すると修正してくれるらしい.

“国土数値情報の令和2年の医療圏データの文字化けが直っていた” の続きを読む

国土地理院の地球地図日本ダウンロードから都道府県のポリゴンデータをQGISで作成する

「融合」された結果の都道府県境界

 小地域の境界データはeStatで入手できる.市区町村の境界データは国土数値情報から入手できる.しかし都道府県の境界データは公的機関からは公表されていない.不思議である.今回は国土地理院の地球地図日本ダウンロードというサービスから都道府県の境界データを作成した.

“国土地理院の地球地図日本ダウンロードから都道府県のポリゴンデータをQGISで作成する” の続きを読む

トレーニングの最適化:安全な筋力トレーニングにおける新しい進展

 低強度と高強度との筋力トレーニングにおける筋力と筋肥大の適応,システマティックレビューとメタアナリシスにおいて参考文献の一つに挙げられていた論文を抄訳する.ロシアからの筋生検を含む貴重な報告である.このような侵襲的な検査は旧共産圏だから可能なのかも知れない.

 トレーニング負荷の軽重の違いで肥大する筋繊維の型が異なる,という引用だけを抜粋するつもりだったのが,筋形成調節遺伝子にまで言及しており,ほぼ全訳となってしまった.二週間もかかってしまうのでは効率が悪すぎるのだが,ここは勉強と思って我慢しよう.

“トレーニングの最適化:安全な筋力トレーニングにおける新しい進展” の続きを読む